あそこの痒み!人には聞けない辛い悩みの体験談。

あそこが痒い!でも、人には言えない。そんなデリケートゾーンの痒みで悩んでいる人は少なくありません。

uohdo

いつからか痒みを感じていたにも関わらず、そのままの状態を放っておくと、痒みが強くなり常にムズムズして状態が悪化する事もあります。

私もあそこの痒みで一年ほど苦しんだ一人です。結婚したてで、初めは、なんとなく痒みを感じたので、すぐお風呂であそこを洗ったり、トイレのビデを無駄に活用したりしていました。

お恥ずかしい話ですが、私は自分の旦那としか体の関係を持ったことがなかったので、夜の営みで膣が傷ついてしまったのかと思っていました。なので、傷が治れば、そのうち治ると軽い気持ちで一カ月ほど放置していました。しかし、痒みはどんどん増して、座っていても、立っていても、常に強烈な痒みとの戦いでした。

心当たりのないあそこの痒み

obdh

性病などにはかかったこともなければ、心当たりもなかったので、その当時はとても辛かったです。プライベートな悩みゆえ、自分で考えられる限りの民間治療を試してみました。

インターネットで調べたところデリケートゾーン専用の石鹸で清潔に保つことも大切なようです。

雑菌や膣の汚れを、正しく洗い清潔にすることで、あそこの痒みの原因が改善されます。

引用 http://xn--l8je8bybz159d.com/

そのほかにも

  • お風呂の時に石鹸が行き届くように洗う。
  • 軟膏を塗ってみる。
  • おりものシートをこまめに変える。

などなど。しかし、少し調子のいい日もあれば、すごく痒い日もあって、一向に治る様子はありませんでした。さらに私の場合は、だんだんヒリヒリするような痛みも伴ってきました。

さらにインターネットで調べてみると、自分と同じ悩みを持った人が結構いるんだと知りました。そして、必要以上に石鹸などで洗うと、膣口がバイキンを殺そうとするため、酸性になって逆効果だと知りました。

痒みの原因は腟カンジダだった

痒みが始まって三ヶ月ほどで妊娠が発覚しました。特に産婦人科のお医者さんにも相談しませんでしたし、検査でも特に何も言われませんでした。しかし、おりものにも変化があったので、性病についてもう少し検索してみました。自分の症状に当てはまったのは、腟カンジダでした。

カンジダは、カビの一種で、膣や外陰部にもいるそうです。性行為などから移るものではなく、免疫力の低下やストレス、体のバランスが崩れた時に発症するそうです。

結局、十ヶ月の間、症状が軽くなったり、ひどくなったりを繰り返し、痒みと戦ったのち、思い切って産婦人科の先生に相談したところ、すぐにカンジダの薬を処方してくれました。すると、あの我慢した一年は何だったのかと思うほど、すぐに痒みが治まりました!!

カンジダは再発もあるそうですが、あそこの痒みで悩んでいる人は、お医者さんに診てもらうことをお勧めします!!

あそこの痒みにどう対処していいのか悩んでいます

確か最初にあそこに痒みが出たのは、10代の半ば頃だったと思います。寝ている時に急にあそこが痒くなってきて、眠れなくなってしまったのです。

例えるなら足の裏や顔を蚊に刺された時のような痒さで、痒くて痒くて今すぐ掻き毟りたいけれど、あそこなんて掻いたら傷つけてしまう、と我慢していました。
それでも耐えきれず、無意識にガリガリと掻いてしまった事があります。

その掻いている間は痒みから解放された、と嬉しくなりますが、その後凄くヒリヒリして痛いのです。
用を足すと掻いたせいであそこが腫れている事が判って、ずっとあそこが痒くなる事に悩んでいました。

この痒みは20代になってもまだまだ続いています。
現在20代後半なので、もう15年以上は痒いままなのです。
毎日痒い訳ではなく、生理の始まる3~4日前や、生理中と生理後3~4日、そして2週間に2~3日痒い日があるという頻度です。
こう考えるとそんなに多くないように思いますが、毎日洗っているのにどうしてあそこが痒くなってしまうのかが、すごく悩み所なのです。

生理前に痒くなるのはホルモンバランスの崩れ

dekike

生理前に痒くなるのはホルモンバランスの崩れから、生理中~生理後に痒くなるのはナプキンの群れのせいかなと思っています。
そしてそれ以外で痒くなるのは、もしかしたらタイツやストッキングで蒸れているのかもしれません。

私の職場の制服はスカートなので、仕事中はずっとストッキングを穿いています。
休みの日はタイツなのですが、仕事中も休みで外出中にも、歩いている時や椅子に座っている時に無性に痒くなってしまうのです。

デリケートゾーン専用のケア商品

あそこの痒み対策はどうしたらいいのかとずっと考えていたのですが、最近はあそこ用に開発されているケア商品で洗うようにしています。

ph1

使っているのは、PHケアーフェミニンウオッシュサマーブロッサムという物です。
これはあそこ用の弱酸性ボディシャンプーで、香りがとてもフローラルです。

これで洗うようになってからは、あそこの痒さが少しましになりました。
まだやっぱり痒いと思う時がありますが、それでも以前よりは頻度が確実に減ったのです。
今までは普通のボディーシャンプーにナイロンタオルで洗っていたので、そのせいでデリケートな部分がかぶれていたのかな、と思います。

でもまだやっぱり時々あそこに痒みがあるので、今度産婦人科で検査してもらう方がいいかなとも思っています。
なかなか行くのは勇気がいりますが、それでもずっと痒いままだと落ち着かないのです。
それにもし何か性病にかかっていたら、処方薬をもらったほうが早く良くなるかなとも思います。

痒みの主な原因は蒸れてしまう事

デリケートゾーンの痒みを感じた事があるという女性は9割以上いると言われています。デリケートゾーンは全身の肌の中で最も薄い部分なので刺激を受けると敏感に反応しやすいブイでもあります。特に下着やストッキングを履いている時にデリケートゾーンを刺激してしまう事が多いです。

デリケートゾーンの痒みは蒸れ

デリケートゾーンの痒みは主に蒸れてしまう事が原因です。

deinm

デリケートゾーンが蒸れてしまうと雑菌が繁殖してしまって肌に刺激を与えて痒みが出てしまいます。デリケートゾーンは下着やストッキングで締めつけられたり、生理中のナプキンを使用したりするので蒸れやすいです。また夏になると気温が高くなって汗もかきやすくなってしまいます。デリケートゾーンは日常生活の中で蒸れやすい環境が整ってしまっているわけです。

デリケートゾーンの痒みが特に起こりやすい人はアレルギー体質で肌がすごく敏感な人で、デリケートゾーンが蒸れてしまうとすぐ痒みが出てしまい場合によってはかぶれや発疹が出来てしまう可能性もあります。

肌が正常な人でも油断は禁物です。特にストレスや疲労が溜まり過ぎてしまっている時は免疫力が低下しているので痒みが出てしまう事もあります。そのため生活習慣が乱れている人は注意が必要でしょう。

デリケートゾーンの痒みの痒みを抑えるにはまず清潔を心がけて出来るだけ蒸れないようにする事が大切です。生理中のナプキンはこまめに取り換えて、毎日しっかり入浴してしっかり洗っておきましょう。しかし石鹸を使って洗い過ぎてしまうと殺菌作用を弱くしてしまうので逆効果になってしまいます。そのためデリケートゾーン専用のソープを使って丁寧に洗うのがいいでしょう。

蒸れによる雑菌の繁殖が痒みの原因

mureru

デリケートゾーンの痒みは主に蒸れによる雑菌の繁殖が原因ですが、場合によってはカンジダなどの感染症の可能性も考えられます。痒みがなかなか引かなくておかしいなと思ったらすぐに婦人科を受診して検査してもらう必要があります。放っておいてしまうとどんどんひどくなってしまうので注意しましょう。

デリケートゾーンが蒸れやすい時期と言えば気温が高くなって暑くなる夏なのですが、1年間通してデリケートゾーンのケアは重要になってきます。冬の寒い時期でも服をたくさん着るのでデリケートゾーンが蒸れてしまう事もあります。そのため常にデリケートゾーンは清潔に保っておく事が大切です。

出産前のあそこの痒み

出産する三年前に、あそこの痒みを経験しました。

いつもジーパンをはいていてムレている感覚があり若い時も少し痒い時がありましたが、すぐに治っていたので気にしていなかったのですが結婚してから3年の間に痒みが酷くなりました。

市販の薬を買って二本くらいは使い切りましたが完全に治らない感じでした。症状はジワジワと痒みがきて段々と痒みが酷くなり、あまりに痒いから少しかいたりしたら余計に酷くなり赤くなり腫れ上がりました。

薬をつけたら刺激で痒くなるのか暫くは痒くて、時間が経てば落ち着いていました。その繰り返しが一年は続きましたが市販の薬を二本使い切るあたりから治まってきました。

inc

お風呂に入り石鹸で洗うと悪化させますからぬるま湯で洗っていましたが、あまり洗うと良くないので流す程度にしていました。少し赤らんで、あそこから白いポロポロした物がでてきていましたからガンジタ皮膚炎かな?とも思いました。

あまりにも痒いので何も集中出来ずに困り、病院に行こうか悩みましたが病院に行く事に慣れていなかった為に病院は行かないで市販の薬で治そうと思いました。
一年くらいは悩んでいたと思います。酷い時は血が出ていましたが、生理になると治っていたので悪いものが出て行くのかなと思いました。

やはりカンジタ膣炎でした

ninpu

そのうちに妊娠して治まりましたが妊娠中にも二回くらい、あそこの痒みが出てきましたから病院で先生に相談して検査をして頂いたら、やっぱりガンジタ腟炎と診断されました。

妊娠中になると、あまり良くないみたいなので治療をしましたが病院の塗り薬を頂きましたが透明なわりと粘りのある薬でつけたら良くなっていきましたがガンジタ腟炎はガンジタ菌が長く居座る為にナカナカ完治するまでは薬を塗り続ける事をすすめられました。

ガンジタはカビ菌の一種でカビが生えた症状と同じらしくて、何かの原因であそこにカビが発生したと言う事でした。もう少し早めに病院に行っていたら治りも早かったと後から反省しましたが、とりあえずは出産してからは良くなりなることはありません。

何でもですが痒みは本当に我慢が出来ませんから少しでも症状が出た場合は市販の薬よりも病院に行き検査する事が一番だと思います。女性の場合はジーパンなどやパンツなどは通気性の良い物を履いたりする事を、おすすめしたいです。
パートナーも一緒に検査をして治療する事もおすすめしたいです。

かゆい!どうしてる?あそこのかゆみ

女性なら誰しも経験があるであろうあそこのかゆみですが、私もとても気にしている時期がありました。

一番つらかったのは生理が始まった時から終わってある程度の時間型tまでの期間で、かゆくって仕方ありませんでした。でも人前でがりがりかくわけにもいかないし、トイレに行ってはかゆくてかきまくって荒れてくるという連さあでした。生理中は特にナプキンなどで群れてしまうことが原因のようですから仕方ないことなのだと思っていました。

ムダ毛の処理をしてみた

muda
もともと私は恥かしながらけが濃いめであそこの毛も多くて悩んでいました。

毛が多いと余計に湿気がこもってしまってかゆみを引き起こしやすいということがネットに書いてあったので今までしたことのなかったのですが思い切ってあそこの毛を処理してみることにしました。それだけでもだいぶかゆみがなくなったような気がしますが、やはり整理になるとかゆみがあったのでどう対処したら酔うのかと思っていました。たぶん毛を処理したせいでちくちくしていたのもあるとは思いますが。

試してみたフェニミーナ軟膏

femin
そこで試してみたのが最近テレビCMでもよく目にするフェニミーナ軟膏です。

軽く塗るだけでいいようで手軽に使えてかゆみが収まればいいかなという軽い感じで買ってみました。
値段も高くないので継続して使うならちょうどいいかなと思い購入し試してみると、想像以上の効果でした。普段のかゆみは全くなくなった気がします。さすがに整理中は多少のかゆみはありますが、使うのと使わないのとでは全然違いました。現在も使い続けいています。

何もしていなかったころはかゆくてかきすぎて荒れてしまっていたこともあって痛みが伴うことも少なくなかったのですが、毛の処理をしてみたり、軟膏を使っても~というものかきすぎてしまって荒れてしまうということはなくなりました。
あそこがかゆくて物事に集中できないなんてこともなくはないと思うんですが、私はよくありました。きになって仕方なくなってしまう性格ということもありますが、対処してみてよかったです。
あそこの悩みなんて気軽に人に話す機会もなかったので一人で悩んでいたのですが、たくさん悩んでいる女性はいると思います。
私は毛の処理と軟膏の使用しかしていませんがだいぶ楽になったので手軽にできることしかしていないからぜひ悩んでいる女性にはやってみてほしいです。